Copyright © 1999-2014 CarWorld, All rights reserved.
Event
東京モーターショー 2001
トヨタ・ダイハツ Toyota・Daihatsu 戻る
DMT

DMT

DMT

DMT

DMT
DMT

今回、東京モーターショーのコンセプトカーの中で、魅力的な車はいくつかあるが、その中でひときわ興味があるのが、トヨタの提案するDMT。
デュアル・モード・トラベラーと呼ぶミニバンだ。サイズは全長は4850mm、全幅1825mm、全長2030mm、ホイルベース2900mm、トレッド前/後1600/1600mmとエスティマをやや大きくしたFFだ。

かっこいいスタイリング
 スタイリングは、フロントのドライビングルームが高い位置にあり、これが、デザイン的なアクセントをつけ、単なるボックス型になるだけの単調なスタイリングをスポーティーに見せる。

クルーザーのコクピットのようなドライビングルーム。
 フロアーはウッドのデッキ風デザインで、まるでクルーザーに乗ったような異次元の雰囲気があり、現状逃避ができ楽しい。
 メーターパネルは左右に長く伸びるディスプレイで、ここに左右、真後ろのバックミラーをはじめスピードなどのドライビングインフォメーションや、ナビゲーションの画像も表示される未来的なものだ。

サンルーフ
 ドライビングルームのルーフはサンルーフになり、折り畳みながら大きく開け、開放感が高い。
 左右、前方、そして上部に空間が開き、郊外の緑の中でフレッシュな空気を一杯満喫出来る。

高いアイポイント
 また視点も一段と高く、遠くの道路事情など情報が入りやすい。したがって渋滞しても乗用車の屋根越しに様子が確認されイライラ度を低下させる。

自分好みに改造出来る後部室内。
 ドライビングルームから、ウォークスルーして階段で下ると、広い室内がある。自分好みに簡単に改造出来、オフィス風にしてもいいし、遊びの部屋にしてもいいし、天体観測室風にもなり、フロアーは低床でフルフラットなので好みの部屋が一部屋出来るのだ。

シート下の格納
また、ドライビングルームのフロアー下には後部コンパートメントの荷物などが収納出来、階段下の押し入れ的に使えるのも便利だ。

電動ステップ
 ドライビングシートから後方にウォークスルーする際は低いドアが電動で倒れて階段になる。
また、左のスライドドア下や後部の左右に開くドア下からも電動でステップが飛出し、上り降りがエレガンスに出来るのは女性や高齢者への配慮だ。

動力性能と駆動方式
 エンジンはV63リッターをマウントしたもの。やはり車重が重くなるので、当然このクラスのエンジンは欲しいところだ。
 駆動方式はFF。やはりリヤのフロアーを低くするためには仕方がないだろう。そのためにスノーやオフロードの走行が制約されるのは惜しい。レジャーワゴンであれば、ある程度の駆動性は欲しいところだが・・。

まとめ
デュアルモードとは走りのドライブモードと現地に着いてからのステイモードの両方を楽しめる。
とにかくスタイリングが楽しい夢のあるミニバンだ。乗車定員は2名に絞っているが、リヤシートを着脱での固定型にしてせめて4名程度の定員が欲しい気もする。 シートに座った時の目線と両サイドのウインドの高さが合わないので、割り切った様子だが、何とかリヤに乗員を乗せたい。
 リタイアしたシルバーエージが夫婦で遊びに出かける設定の様子だが、このデザインなら、若い人たちにも大歓迎されるだろう。
是非、発売して欲しい車の一台だ。
戻る




Copyright © 1999-2014 CarWorld, All rights reserved.